スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告


遊び人
             兄ちゃんが席を立つと ふぁーさんはものすごいスピードで追いかけていきます
             013_convert_20110423212223.jpg
             兄ちゃんは「遊ぶ人」だからです(いつも釣りで遊んでくれます)
             ところがそう毎回という訳にはいきません
             014_convert_20110423212357.jpg
             兄ちゃんがトイレに入ってしまうと
             しばらくそのまま銅像になります





勝手にコラボ
110214_215727_convert_20110421181755.jpg
ある日キッチンに入っていったら
しおちゃんアバターの向こうにふぁーさんがいました





これから先、医学に興味のある方はどうぞ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

病気のお話 PART5

※今回はお通じの話です。お食事中、お食事前の方は気をつけて下さい。

※これまでの補足です
 ●入院当初の担当医は内科医でしたが、一か月ほど経過した後、心臓血管外科の医師に担当が替わりました。
 ●バイパス手術により、足の血流も改善され普通に歩けるようになりました。



入院したのは残暑厳しい9月初めでしたが、気が付けば秋も深まってきていました。二か月近くに及ぶ入院生活に別れを告げ、いよいよ退院となりました。退院に際し医師が私に言った言葉です「これからは精進料理を食べて、心安らかに暮らして下さい」
大動脈解離を患った場合、一番怖いのは、薄くなった血管壁が血圧に負けて大動脈瘤となり破裂することです。とにかく血圧を上げないで下さい、と言われました。なので血圧の上昇は厳禁です。血圧を下げる薬と胃腸の薬をたっぷり処方され、病院を後にしました。
まず向かったのは家ではなく、病院の近くのショッピングセンターでした。行く途中も車の揺れがダイレクトに身体に響き、シートに座っているだけの事が途方もなく苦痛でした。長期の入院により筋肉、脂肪ともかなり落ちてしまっていました。料理もすぐには出来ないだろうと、すぐに私が食べられそうな食材を調達し、なにより一番必要となっていた携帯電話をおとーと私の分、買いそろえました。それまでは私だけが通話のみ可能な携帯を持っていましたが、入院してみるとメールの出来る携帯電話は必需品である事が分かりました。
帰宅すると、じいちゃんとばあちゃんが出迎えてくれました。「おかえり。よく帰ってきたねぇ」その途端、私の目から大粒の涙がぼろぼろこぼれました。「本当にご迷惑をおかけしました。いろいろと本当に有難うございました」
じいちゃんは私の入院・手術費用を立て替えてくれ、ばあちゃんはおとーと息子たちの食事、弁当、洗濯と全て面倒を見てくれていました。
おぼつかない足取りでやっと二階へ上がりました。その晩、私の入院中ずっと、下の息子がおとーの隣の私の布団で寝ていた事を知りました。きっと心細くて仕方なかったのでしょう。
家での食事は3食とも青汁ジュース、軽く焼いたトーストと薄いミルクティーでした。トーストは6枚切り食パンを半分に切ったもの。ミルクティーは市販のペットボトルのものを低脂肪乳で2~3倍に薄めたものです。そして問題は起きたのです。
入院していた間中、ほとんど食べられなかった事、動けなかった事、腸への血流が悪くなっていた事などから便秘になりました。入院半ばににようやく一度お通じがあった時は、仲良くなった同室の患者さんに拍手で迎えられたくらいです。いきむと血圧がどっと上がるので、怖くて力を入れられない事も要因だったかもしれません。その後、お通じを良くするため酸化マグネシウム(通称カマグ)を飲みましたが、食べる量が圧倒的に少ないため、今度はすぐ水便になってしまいます。突然お腹が差し込むような痛みが起こり、トイレへ駆け込むのです。薬の調節が難しくとても苦労しました。退院する時にこの水便が出てしまったら大変!と2~3日カマグを少し控えてしまったのがいけなかったのです。この間お通じは無く、帰宅後もカマグは飲みましたが便は出ませんでした。退院して2、3日後には、あの差し込むような腹痛が起きたものの便は出ません。トイレに行くのですが、水分がチョロッと出るだけなのです。一日に何度も、いつともなく訪れる腹痛。にも拘らず一向に訪れないお通じ。一日中、夜用生理パットを2枚当てて寝ていました。時間と共に、お腹が引き絞られるようなキリキリという痛みは増していきました。そうこうするうちに尿まで出なくなりました。尿が出ないのは大変危険なので、退院4日後、朝一番に病院へ行きました。そこで導尿をしてもらいました。そしてしつこい便秘のため浣腸もしました。しかし便は出ません。病院の待ち時間の間も尿も自力では出ないため、自宅で自分で導尿出来るように指導を受けました。浣腸も病院で処方して貰い、いったん帰宅して様子を見る事になりました。それがさらにいけませんでした。
差し込む腹痛は5分おき位に起きるようになってしまいました。この時、便意はものすごく強いのです。痛む時はお腹がカチカチに硬くなり、ものすごく便を出したいのです。が、出ない。猛烈な便意にも拘わらず出ない便。これは解離した時に勝るとも劣らない苦しさでした。死にたくなるような辛さなのです。導尿もかなり大変でした。
週末いよいよ痛みが増すので月曜には再び病院へ。心臓血管外科の診療日ではなかったものの、医師を呼び出してもらい、再度浣腸を試みました。が失敗。とうとう再入院する事になりました。この時は安どの気持ちでいっぱいでした。
入院したのは前回と同じ病室、同じベッド。周りもなじみの顔ぶれでした。「やだ!もう帰ってきたの?」と言われ、かなり恥ずかしい帰郷?でした。そのうちに看護師さんがビニールの手袋をはめて やってきました。最後の手段として手で便を掻き出そうというのです。足を抱えて横になるよう指示され、そのとおりにすると、やおら指が肛門に入ってきました。思わず身体に力が入ります。力を抜いてと言われてもなかなかうまく脱力できませんでしたが、やがて看護師さんが「あった、あった、これだ!」といいました。かなり奥の方に鉄のようにカチカチに固まった便が居座っていたのでした。時間を掛けて少しずつ掻き出してもらい、無事作業は終了!まさに生き返った心地がしました! そして便が無くなったとたん おしっこも自力で出せるようになりました。身体が緊張し過ぎて出なかったようでした。それから数時間後、担当の医師がやってきました。「え?なんだ、もう出ちゃったの?せっかくいい物持ってきたのに」と言ってポケットから出した物はなんと大きいスプーン!!!私は心の底からゾッとしました。先生はそれで便を掻き出そうと企んでいたのでした。ああ、よかった!!あの看護師さんは命の恩人ですっ!!!
夜、おとーがお見舞いにきてくれた時に、この話をひどく面白がりました。全く人の事だと思って!!ぷんぷんぷんのぷん!でした。
その後、様子を見る為1週間ちょっと入院しました(導尿による感染症を引き起こしていたので)。私はその後二度とカマグを飲み忘れる事はありませんでした。入院保険金の支払いのための診断書の病名欄には大動脈解離と並んで大きく「便秘」と書かれていました。
皆さん、便秘は本当に恐ろしいです。十分過ぎるほど気をつけましょう!!!

ここで病気のお話はひと段落です。
明日をも知れぬ病の中、心の支えだったのは何と言っても家族です。おとーは何を言うでもなく、そっと、ずっと傍らにいてくれました。当時中3だった息子は、退院した時には一気に大人の顔つきに変わっていました(そうならざるを得なかったのでしょう)。入院当初私より背が低かった二男は見上げる背丈になっていました。二人とも何も我儘をいわない事で、協力してくれました。そして私の母は時に励まし、時に叱り、私を甘えさせる事なく導いてくれました。おとーの両親は前述のとおりです。その他、多くの友だちが優しさをくれました。一生懸命治療してくれた医療スタッフの方々。こうした沢山の方々のおかげで私は命を頂きました。誰もが奇跡と言いました。退院後、初めて見上げた空の青さは忘れる事ができません。人の本当の優しさを知り、世界は全く違って映ります。今は病気になる前の健康な自分に戻りたいとは思いません。これからも大変なことはあるでしょう。でも出来れば楽しくちょっとおバカに毎日を過ごしていきたいと思っています。

この5年後に神の手と謳われる医師により大手術を受けることになるのですが、それはまた改めて・・・。読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
病気のお話 PART5

※今回はお通じの話です。お食事中、お食事前の方は気をつけて下さい。

※これまでの補足です
 ●入院当初の担当医は内科医でしたが、一か月ほど経過した後、心臓血管外科の医師に担当が替わりました。
 ●バイパス手術により、足の血流も改善され普通に歩けるようになりました。



入院したのは残暑厳しい9月初めでしたが、気が付けば秋も深まってきていました。二か月近くに及ぶ入院生活に別れを告げ、いよいよ退院となりました。退院に際し医師が私に言った言葉です「これからは精進料理を食べて、心安らかに暮らして下さい」
大動脈解離を患った場合、一番怖いのは、薄くなった血管壁が血圧に負けて大動脈瘤となり破裂することです。とにかく血圧を上げないで下さい、と言われました。なので血圧の上昇は厳禁です。血圧を下げる薬と胃腸の薬をたっぷり処方され、病院を後にしました。
まず向かったのは家ではなく、病院の近くのショッピングセンターでした。行く途中も車の揺れがダイレクトに身体に響き、シートに座っているだけの事が途方もなく苦痛でした。長期の入院により筋肉、脂肪ともかなり落ちてしまっていました。料理もすぐには出来ないだろうと、すぐに私が食べられそうな食材を調達し、なにより一番必要となっていた携帯電話をおとーと私の分、買いそろえました。それまでは私だけが通話のみ可能な携帯を持っていましたが、入院してみるとメールの出来る携帯電話は必需品である事が分かりました。
帰宅すると、じいちゃんとばあちゃんが出迎えてくれました。「おかえり。よく帰ってきたねぇ」その途端、私の目から大粒の涙がぼろぼろこぼれました。「本当にご迷惑をおかけしました。いろいろと本当に有難うございました」
じいちゃんは私の入院・手術費用を立て替えてくれ、ばあちゃんはおとーと息子たちの食事、弁当、洗濯と全て面倒を見てくれていました。
おぼつかない足取りでやっと二階へ上がりました。その晩、私の入院中ずっと、下の息子がおとーの隣の私の布団で寝ていた事を知りました。きっと心細くて仕方なかったのでしょう。
家での食事は3食とも青汁ジュース、軽く焼いたトーストと薄いミルクティーでした。トーストは6枚切り食パンを半分に切ったもの。ミルクティーは市販のペットボトルのものを低脂肪乳で2~3倍に薄めたものです。そして問題は起きたのです。
入院していた間中、ほとんど食べられなかった事、動けなかった事、腸への血流が悪くなっていた事などから便秘になりました。入院半ばににようやく一度お通じがあった時は、仲良くなった同室の患者さんに拍手で迎えられたくらいです。いきむと血圧がどっと上がるので、怖くて力を入れられない事も要因だったかもしれません。その後、お通じを良くするため酸化マグネシウム(通称カマグ)を飲みましたが、食べる量が圧倒的に少ないため、今度はすぐ水便になってしまいます。突然お腹が差し込むような痛みが起こり、トイレへ駆け込むのです。薬の調節が難しくとても苦労しました。退院する時にこの水便が出てしまったら大変!と2~3日カマグを少し控えてしまったのがいけなかったのです。この間お通じは無く、帰宅後もカマグは飲みましたが便は出ませんでした。退院して2、3日後には、あの差し込むような腹痛が起きたものの便は出ません。トイレに行くのですが、水分がチョロッと出るだけなのです。一日に何度も、いつともなく訪れる腹痛。にも拘らず一向に訪れないお通じ。一日中、夜用生理パットを2枚当てて寝ていました。時間と共に、お腹が引き絞られるようなキリキリという痛みは増していきました。そうこうするうちに尿まで出なくなりました。尿が出ないのは大変危険なので、退院4日後、朝一番に病院へ行きました。そこで導尿をしてもらいました。そしてしつこい便秘のため浣腸もしました。しかし便は出ません。病院の待ち時間の間も尿も自力では出ないため、自宅で自分で導尿出来るように指導を受けました。浣腸も病院で処方して貰い、いったん帰宅して様子を見る事になりました。それがさらにいけませんでした。
差し込む腹痛は5分おき位に起きるようになってしまいました。この時、便意はものすごく強いのです。痛む時はお腹がカチカチに硬くなり、ものすごく便を出したいのです。が、出ない。猛烈な便意にも拘わらず出ない便。これは解離した時に勝るとも劣らない苦しさでした。死にたくなるような辛さなのです。導尿もかなり大変でした。
週末いよいよ痛みが増すので月曜には再び病院へ。心臓血管外科の診療日ではなかったものの、医師を呼び出してもらい、再度浣腸を試みました。が失敗。とうとう再入院する事になりました。この時は安どの気持ちでいっぱいでした。
入院したのは前回と同じ病室、同じベッド。周りもなじみの顔ぶれでした。「やだ!もう帰ってきたの?」と言われ、かなり恥ずかしい帰郷?でした。そのうちに看護師さんがビニールの手袋をはめて やってきました。最後の手段として手で便を掻き出そうというのです。足を抱えて横になるよう指示され、そのとおりにすると、やおら指が肛門に入ってきました。思わず身体に力が入ります。力を抜いてと言われてもなかなかうまく脱力できませんでしたが、やがて看護師さんが「あった、あった、これだ!」といいました。かなり奥の方に鉄のようにカチカチに固まった便が居座っていたのでした。時間を掛けて少しずつ掻き出してもらい、無事作業は終了!まさに生き返った心地がしました! そして便が無くなったとたん おしっこも自力で出せるようになりました。身体が緊張し過ぎて出なかったようでした。それから数時間後、担当の医師がやってきました。「え?なんだ、もう出ちゃったの?せっかくいい物持ってきたのに」と言ってポケットから出した物はなんと大きいスプーン!!!私は心の底からゾッとしました。先生はそれで便を掻き出そうと企んでいたのでした。ああ、よかった!!あの看護師さんは命の恩人ですっ!!!
夜、おとーがお見舞いにきてくれた時に、この話をひどく面白がりました。全く人の事だと思って!!ぷんぷんぷんのぷん!でした。
その後、様子を見る為1週間ちょっと入院しました(導尿による感染症を引き起こしていたので)。私はその後二度とカマグを飲み忘れる事はありませんでした。入院保険金の支払いのための診断書の病名欄には大動脈解離と並んで大きく「便秘」と書かれていました。
皆さん、便秘は本当に恐ろしいです。十分過ぎるほど気をつけましょう!!!

ここで病気のお話はひと段落です。
明日をも知れぬ病の中、心の支えだったのは何と言っても家族です。おとーは何を言うでもなく、そっと、ずっと傍らにいてくれました。当時中3だった息子は、退院した時には一気に大人の顔つきに変わっていました(そうならざるを得なかったのでしょう)。入院当初私より背が低かった二男は見上げる背丈になっていました。二人とも何も我儘をいわない事で、協力してくれました。そして私の母は時に励まし、時に叱り、私を甘えさせる事なく導いてくれました。おとーの両親は前述のとおりです。その他、多くの友だちが優しさをくれました。一生懸命治療してくれた医療スタッフの方々。こうした沢山の方々のおかげで私は命を頂きました。誰もが奇跡と言いました。退院後、初めて見上げた空の青さは忘れる事ができません。人の本当の優しさを知り、世界は全く違って映ります。今は病気になる前の健康な自分に戻りたいとは思いません。これからも大変なことはあるでしょう。でも出来れば楽しくちょっとおバカに毎日を過ごしていきたいと思っています。

この5年後に神の手と謳われる医師により大手術を受けることになるのですが、それはまた改めて・・・。読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

[2011/04/24 01:00] | 未分類 | トラックバック:(0) |


pyoko ふぁーさん兄ちゃんがスキなのね。
前にぽなちゃんがしんコロさんが帰った時に固まってたのを思い出してしまいました。
ふぁーさんもトイレに入っちゃったのがショックだったのね。
後で遊んでもらおうね。
しおちゃんとのコラボ「だぁれ?」って感じですね。

ちーさん昨日の回答すっごいですね。
オックスフォードは入学できるって言ってもらえましたもんね(笑)

ちーさん次から次へと本当によく耐えられましたね。
まだ後に大手術があるようですが、一旦落ち着かれてとてもほっとしました。
ご家族の皆さんもよく頑張られましたね。

-

catponko ふぁーさんも釣りが好きなのね~(^^)
しおちゃんと一緒よね~♪
しおちゃんとコラボした感想はどうですか?
ふぁーさんのまんまるなお顔がとっても愛らしくて、何度も何度もみてしまうの(^^)
今日のイラストのジャージのたら~ん具合がなんとも、イイ感じです(笑)

ちーさん、本当に大変なご病気だったのですね。
本当に素敵なご家族の皆さまだなと思うと、ホロリときてしまいました。
ちーさんのいろいろな方への感謝の気持ちが素敵です。
大変なご病気なのにもかかわらず、明るく前向きなちーさんを応援してますね(^^)/

ちー ふぁーさんは兄ちゃんはいつでも遊んでくれると信じて疑いません(笑)
兄ちゃんがちょっと立ち上がっただけでも反応します(笑えます)
兄ちゃんがトイレに入ってしまうと、自分の行き場を失ってしばしそのまま佇んでいます(笑)

しおちゃんとのコラボ写真が一番ノーマルなふぁーさんの顔なのです。

病気は一人だったらきっと耐えられなかったと思います。
周りの力があってこそですね♪

高校時代、英語だけ真面目におベンキョしてました(でも30年以上前~~~!)


ちー 釣りをするとブヒブヒ言って興奮して飛び跳ねています(笑)
鼻が短いので豚さんみたいな声が出ちゃうんです~~~!ぜいぜい・・・

家族には本当に感謝です!
とくに おとーは入院中一日も欠かさず病院に来てくれました!
(仕事で夜の当番があったのですが、全部代わってもらったそうです)

のりピコ ふぁーさんお兄ちゃんが大好きなんですね!
まるで私とチョコのようですw
トイレにもついてくるところなんてそっくりです^^

便秘のツラさこれを読んでぞっとしました!
私もすぐに便が硬くなるので、1日でないだけで出すのに苦労するほど…
ちーさんのご病気理解することができました。
書いてくださってありがとうございます。


saganhama こんばんは(^^)
ふぁーさんお兄ちゃんがトイレに消えた処で
見事に固まってますね!!何時も遊んでもらえるの
今日何故?!って感じが絵に良く出てますよ。

勝手にコラボの図はふぁーさんの顔に迫力がって言うか、ドスが効いてますね。

便秘の話は良く言われてますね。たかが便秘と甘く見るなかれってね。
私も若かりし頃、仕事のストレスで成った事有りますよ。辛かった\(;゜∇゜)/ヒヤアセモン☆

家族の力があれば頑張れますよね。良いおとーに巡り合えて良かったですね。

とむとジロウ   ♡ちーさんへ
 
     ~永遠の命 と 想って 夢をみる
       今日限りの命 と 想って 生きる~    by ジェームス ディーン

  私の好きな言葉です。
  そうありたいと。
 
 

ちー 兄ちゃんの動きとふぁーさんの動きは連動しているかのようです。
ふぁーさん、とにかくモノスゴイ速さなんです!可笑しいです~~~!
チョコちゃん のりピコさんの後をついて回るんですか?
それじゃぁ可愛くてしょうがないですね♪

この便秘、最終的には3週間くらい出てませんでした(驚)
のりピコさんも気をつけて下さいね。。。

ちー ホントに 「アレ?」「アレ?」「何故???」って顔をします(笑)
しばらく経ってションボリ帰ってきます(笑)

ふぁーさんは常に怒った顔をしてますが
一度も怒った事はありません。。。いたってオットリ。。。
人は見かけで判断してはイケナイといういい見本です(笑)

便秘は本当にやっかいなものですね。
私もこの時、十数年ぶりになりました。

おとーと出会えて本当によかったです♪



ちー すてきな言葉をありがとう!!!(涙)(涙)。。。

むんた ふぁーさんかわいいー♪
お兄ちゃん大好きなんですね^^

うちのにゃんこも弟が好きみたいですごく甘えた声を出します。(ずるいずるいずるい!!!)
アバターしおちゃんとのコラボふぁーさんの表情いただきました!

家族の支えって本当に大切でありがたいですね。
最後の方の、「出来れば楽しくちょっとおバカに毎日を過ごしていきたいと思っています。」
の言葉に、じ~んとなりました。




ちー 兄ちゃんもふぁーさんに追いかけられて まんざらでもないご様子(笑)

弟さんも猫好きさんですか?にゃんこは女の子?
女の子(猫)は男の人が好きみたい(な気がする)

そんな事にじ~んとして下さるなんて むんたさんて何て優しいの!!
私の方がじ~ん・・・・・。

うちにゃん ふぁーさん、お兄ちゃん大好きっ子なんですね~(笑。
しおちゃんとの2ショット、ベストショットですね!!
『あら?どちら様???…まぁ、イケにゃんだわぁ☆彡』って思ったも?!(≧w≦)b


『笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生』って言葉を思い出しました。
ちーさんが笑えるようになって、私達にも沢山の笑いの種を御裾分けしてくれてること、本当に感謝しています!!

これからも、宜しくお願いしますね~☆彡





ふぁーさんの「がびーん」に爆笑です(^◇^)
まるで小さい子供がお母さんを追いかけているみたいですね♪
愛されているお兄ちゃんも幸せ者☆”
ふぁーさんの真顔が可愛くて笑顔になれる♪

ちーさんのお話をいつもドキドキしながら読んでいます
それにしても大きいスプーンって笑いどころなのか?違うのか?
まさか本当に先生は使おうとしていたのか?!
想像するだけで・・・ブルブルです(怖)

ちー 兄ちゃんがトイレから出てきて、ドアのすぐ外にふぁーさんがいたりすると
「おわぁっ!!なんだよ~~~!なんでいるんだよ~!」とか言いつつも
かなり嬉しそうにしています(笑)
しおちゃんとコラボはあわてて携帯で撮ったので粗いですけどね。
私はいつもキッチンでしおちゃんと一緒♡

思いっきり辛い目にあった後、嬉しい事があると
腹の底から笑えます♪すっごく幸せ♪って思えます。。
うちにゃんたちと出会えた事もすっごく幸せ~♪

こちらこそ よろしくなのです♪

ちー もう ふぁーさんはいるだけで何故か笑える!
追いかけてく姿はもっと笑える!!
にゃんこ生活は楽しいですよね~~~♪

スプーンの話は今でも我が家の笑い種になっているのですが
あの時先生は本当に真面目にソレを使うつもりでしたっ!!
本当にゾゾッ!!!でした!ひぇぇ~~~!!

みゅうみゅう しおちゃんとのコラボのふぁーさんの表情が
なんとも言えず可愛いですね(^_^)

便秘辛いですよね~(>_<)
スプーンでって(笑)
実際されるのを想像したらゾッっとしますね(-_-;)

ちーさんの家族はみんな優しくて素敵な人達ですね(^_^)
本当に家族の支えは有難いですね(^_^)





zuikoromamy  ち~さん。ふぁ~さんが大好きですよ~。ご家族もいいなあ~。
 ふぁ~さんの 一度見たら 忘れられないお顔も もちろんだけど
 哀愁漂わせちゃってる、、せなか。(想像だけど・・・)たまらな~い。
 ち~さん、絵本・・・・描いてくれませんかぁぬ?

 ち~さんの闘病日記は 引き込まれます。ドキドキしながら、
 細かい字を拡大しながら(^^);読んでます。次が早く
 読みたいです。 体 大切にしなきゃと余計に思う。

 

ちー ふふふ・・・なかなか趣のある可愛さかな・・っと!
この時私はキッチンに入った途端、笑いました!
だって しおちゃんの顔の上にふぁーさんの顔が乗ってたんだもの!

恐怖のスプーンです!!(体験してないけど・・笑)

最近息子たちは私が病気という事を忘れてるみたいです。。
(いいんだか悪いんだかビミョ~です)

ちー 噛めば噛むほど味のするスルメのような家族です。
ふぁーさんもその他大勢も(笑)

この病気で私のような症例は少ないのだと思います。
でも、なかなか理解するのが難しい病気ですよね。
皆さんが理解する一助になれば・・と思ったのです。



コメント:を閉じる▲


<<ビビリンピック | ホーム | 夜な夜な>>
コメント:
ふぁーさん兄ちゃんがスキなのね。
前にぽなちゃんがしんコロさんが帰った時に固まってたのを思い出してしまいました。
ふぁーさんもトイレに入っちゃったのがショックだったのね。
後で遊んでもらおうね。
しおちゃんとのコラボ「だぁれ?」って感じですね。

ちーさん昨日の回答すっごいですね。
オックスフォードは入学できるって言ってもらえましたもんね(笑)

ちーさん次から次へと本当によく耐えられましたね。
まだ後に大手術があるようですが、一旦落ち着かれてとてもほっとしました。
ご家族の皆さんもよく頑張られましたね。
[2011/04/24 01:21] URL | pyoko #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/04/24 04:56] | #[ 編集] | page top↑
ふぁーさんも釣りが好きなのね~(^^)
しおちゃんと一緒よね~♪
しおちゃんとコラボした感想はどうですか?
ふぁーさんのまんまるなお顔がとっても愛らしくて、何度も何度もみてしまうの(^^)
今日のイラストのジャージのたら~ん具合がなんとも、イイ感じです(笑)

ちーさん、本当に大変なご病気だったのですね。
本当に素敵なご家族の皆さまだなと思うと、ホロリときてしまいました。
ちーさんのいろいろな方への感謝の気持ちが素敵です。
大変なご病気なのにもかかわらず、明るく前向きなちーさんを応援してますね(^^)/
[2011/04/24 13:27] URL | catponko #-[ 編集] | page top↑
ふぁーさんは兄ちゃんはいつでも遊んでくれると信じて疑いません(笑)
兄ちゃんがちょっと立ち上がっただけでも反応します(笑えます)
兄ちゃんがトイレに入ってしまうと、自分の行き場を失ってしばしそのまま佇んでいます(笑)

しおちゃんとのコラボ写真が一番ノーマルなふぁーさんの顔なのです。

病気は一人だったらきっと耐えられなかったと思います。
周りの力があってこそですね♪

高校時代、英語だけ真面目におベンキョしてました(でも30年以上前~~~!)
[2011/04/24 15:46] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
釣りをするとブヒブヒ言って興奮して飛び跳ねています(笑)
鼻が短いので豚さんみたいな声が出ちゃうんです~~~!ぜいぜい・・・

家族には本当に感謝です!
とくに おとーは入院中一日も欠かさず病院に来てくれました!
(仕事で夜の当番があったのですが、全部代わってもらったそうです)
[2011/04/24 16:00] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
ふぁーさんお兄ちゃんが大好きなんですね!
まるで私とチョコのようですw
トイレにもついてくるところなんてそっくりです^^

便秘のツラさこれを読んでぞっとしました!
私もすぐに便が硬くなるので、1日でないだけで出すのに苦労するほど…
ちーさんのご病気理解することができました。
書いてくださってありがとうございます。
[2011/04/24 18:45] URL | のりピコ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは(^^)
ふぁーさんお兄ちゃんがトイレに消えた処で
見事に固まってますね!!何時も遊んでもらえるの
今日何故?!って感じが絵に良く出てますよ。

勝手にコラボの図はふぁーさんの顔に迫力がって言うか、ドスが効いてますね。

便秘の話は良く言われてますね。たかが便秘と甘く見るなかれってね。
私も若かりし頃、仕事のストレスで成った事有りますよ。辛かった\(;゜∇゜)/ヒヤアセモン☆

家族の力があれば頑張れますよね。良いおとーに巡り合えて良かったですね。
[2011/04/24 19:20] URL | saganhama #-[ 編集] | page top↑
  ♡ちーさんへ
 
     ~永遠の命 と 想って 夢をみる
       今日限りの命 と 想って 生きる~    by ジェームス ディーン

  私の好きな言葉です。
  そうありたいと。
 
 
[2011/04/24 20:41] URL | とむとジロウ #aRRLy8dI[ 編集] | page top↑
兄ちゃんの動きとふぁーさんの動きは連動しているかのようです。
ふぁーさん、とにかくモノスゴイ速さなんです!可笑しいです~~~!
チョコちゃん のりピコさんの後をついて回るんですか?
それじゃぁ可愛くてしょうがないですね♪

この便秘、最終的には3週間くらい出てませんでした(驚)
のりピコさんも気をつけて下さいね。。。
[2011/04/24 21:41] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
ホントに 「アレ?」「アレ?」「何故???」って顔をします(笑)
しばらく経ってションボリ帰ってきます(笑)

ふぁーさんは常に怒った顔をしてますが
一度も怒った事はありません。。。いたってオットリ。。。
人は見かけで判断してはイケナイといういい見本です(笑)

便秘は本当にやっかいなものですね。
私もこの時、十数年ぶりになりました。

おとーと出会えて本当によかったです♪

[2011/04/24 22:12] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
すてきな言葉をありがとう!!!(涙)(涙)。。。
[2011/04/24 22:15] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
ふぁーさんかわいいー♪
お兄ちゃん大好きなんですね^^

うちのにゃんこも弟が好きみたいですごく甘えた声を出します。(ずるいずるいずるい!!!)
アバターしおちゃんとのコラボふぁーさんの表情いただきました!

家族の支えって本当に大切でありがたいですね。
最後の方の、「出来れば楽しくちょっとおバカに毎日を過ごしていきたいと思っています。」
の言葉に、じ~んとなりました。


[2011/04/24 23:15] URL | むんた #t5PgYvts[ 編集] | page top↑
兄ちゃんもふぁーさんに追いかけられて まんざらでもないご様子(笑)

弟さんも猫好きさんですか?にゃんこは女の子?
女の子(猫)は男の人が好きみたい(な気がする)

そんな事にじ~んとして下さるなんて むんたさんて何て優しいの!!
私の方がじ~ん・・・・・。
[2011/04/25 11:58] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
ふぁーさん、お兄ちゃん大好きっ子なんですね~(笑。
しおちゃんとの2ショット、ベストショットですね!!
『あら?どちら様???…まぁ、イケにゃんだわぁ☆彡』って思ったも?!(≧w≦)b


『笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生』って言葉を思い出しました。
ちーさんが笑えるようになって、私達にも沢山の笑いの種を御裾分けしてくれてること、本当に感謝しています!!

これからも、宜しくお願いしますね~☆彡



[2011/04/25 22:40] URL | うちにゃん #-[ 編集] | page top↑
ふぁーさんの「がびーん」に爆笑です(^◇^)
まるで小さい子供がお母さんを追いかけているみたいですね♪
愛されているお兄ちゃんも幸せ者☆”
ふぁーさんの真顔が可愛くて笑顔になれる♪

ちーさんのお話をいつもドキドキしながら読んでいます
それにしても大きいスプーンって笑いどころなのか?違うのか?
まさか本当に先生は使おうとしていたのか?!
想像するだけで・・・ブルブルです(怖)
[2011/04/25 22:45] URL | 優 #TMyYCp3Q[ 編集] | page top↑
兄ちゃんがトイレから出てきて、ドアのすぐ外にふぁーさんがいたりすると
「おわぁっ!!なんだよ~~~!なんでいるんだよ~!」とか言いつつも
かなり嬉しそうにしています(笑)
しおちゃんとコラボはあわてて携帯で撮ったので粗いですけどね。
私はいつもキッチンでしおちゃんと一緒♡

思いっきり辛い目にあった後、嬉しい事があると
腹の底から笑えます♪すっごく幸せ♪って思えます。。
うちにゃんたちと出会えた事もすっごく幸せ~♪

こちらこそ よろしくなのです♪
[2011/04/25 23:19] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
もう ふぁーさんはいるだけで何故か笑える!
追いかけてく姿はもっと笑える!!
にゃんこ生活は楽しいですよね~~~♪

スプーンの話は今でも我が家の笑い種になっているのですが
あの時先生は本当に真面目にソレを使うつもりでしたっ!!
本当にゾゾッ!!!でした!ひぇぇ~~~!!
[2011/04/25 23:25] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
しおちゃんとのコラボのふぁーさんの表情が
なんとも言えず可愛いですね(^_^)

便秘辛いですよね~(>_<)
スプーンでって(笑)
実際されるのを想像したらゾッっとしますね(-_-;)

ちーさんの家族はみんな優しくて素敵な人達ですね(^_^)
本当に家族の支えは有難いですね(^_^)



[2011/04/26 09:13] URL | みゅうみゅう #-[ 編集] | page top↑
 ち~さん。ふぁ~さんが大好きですよ~。ご家族もいいなあ~。
 ふぁ~さんの 一度見たら 忘れられないお顔も もちろんだけど
 哀愁漂わせちゃってる、、せなか。(想像だけど・・・)たまらな~い。
 ち~さん、絵本・・・・描いてくれませんかぁぬ?

 ち~さんの闘病日記は 引き込まれます。ドキドキしながら、
 細かい字を拡大しながら(^^);読んでます。次が早く
 読みたいです。 体 大切にしなきゃと余計に思う。

 
[2011/04/26 13:19] URL | zuikoromamy #-[ 編集] | page top↑
ふふふ・・・なかなか趣のある可愛さかな・・っと!
この時私はキッチンに入った途端、笑いました!
だって しおちゃんの顔の上にふぁーさんの顔が乗ってたんだもの!

恐怖のスプーンです!!(体験してないけど・・笑)

最近息子たちは私が病気という事を忘れてるみたいです。。
(いいんだか悪いんだかビミョ~です)
[2011/04/26 16:31] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
噛めば噛むほど味のするスルメのような家族です。
ふぁーさんもその他大勢も(笑)

この病気で私のような症例は少ないのだと思います。
でも、なかなか理解するのが難しい病気ですよね。
皆さんが理解する一助になれば・・と思ったのです。

[2011/04/26 16:41] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://fafacat.blog.fc2.com/tb.php/8-83da2495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。