スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告


ちょーだい!
       ゴールデンウィークのヒトコマです
       
       ふぁーさんはおやつのササミが欲しい!
       ササミは兄ちゃんとおとーに近いテーブルの上
       お皿もおとーと兄ちゃんの間にある

       でもおとーは ぐーぐーぐー

       兄ちゃんはゲームをやっている

       すると
       043_convert_20110502233226.jpg
       おかさん おなかすいたーーー!! すいたーーー!!(にゃっ にゃっ!!!)


       わざわざ食事中の私の所へやってきて
       (おとーと兄ちゃんはもう食べ終えている)

       最初は遠慮がちに片手でちょいちょい・・・

       私が食べ続けていると
   
       今度は 頭突きー! 頭突きー!を繰り返す・・・

       それでも食べていると

       私の右腕に両手をかけて 顔をスリスリ スリスリ あくまでスリスリ・・・

       どうして おとーや兄ちゃんの所へ行かんのか・・・
       「ふぁーさん、おとさんか兄ちゃんに貰っておいで」と言うも
       ふぁーさんは聞いていないのか 聞こえないフリをしているのか
       ずぅーっと私の隣でアピールし続けるのです・・にゃっ にゃっ♪




       ちなみにこの時私が食べていたのは
       013_convert_20110502232937.jpg
       野菜と豚赤身とササミのミンチで作ったドライカレー
       (ほとんど油と塩を使っていません)





                   
今日の昼寝(これでも寝ています)
021_convert_20110502233134.jpg
なぜか ふぁーさんはよくこのカッコをします
右手をついている段ボールはお昼寝の時のベッドにもなります






これから先、医学に興味のある方はどうぞ
------------------------------------------------------------------------------------------------------

       
病気のお話・その後 PART2

8年前に大動脈解離を発病。通常直径約2cmの大動脈は退院時に4cm。約2年後、母の最後の入院前が約4.5cm。2カ月後、母が亡くなった後の検査では5.5cm。私のように大動脈解離により血管がが太くなった状態を解離性大動脈瘤といいます。瘤(リュウ)の直径が6cmを越えると大動脈は破裂の危険が増すので、たいてい人工血管に換える手術が必要となります。
5.5cmと言われて私は不安になってきました。当時病院へは8週間ごとに行っていました。レントゲンかCTの撮影をし、大動脈の太さをチェックするのです。医師に手術をする必要があるのか問いかけましたが、ハッキリ「手術をしましょう」とは決して言わないのです。不安を抱えながらも、母が亡くなった後の種々の届け出をしたり、住人の居なくなった実家を定期的に訪れ、風を入れたり片付けもしなければなりませんでした。そのまま無人の状態にしておくにも維持費がかかるため、売りに出す事にしました。最低限取っておく物だけ選別し、私の体調の事もあり費用はかなり掛かりましたが後は専門業者に任せました。全てが片付くのに1年を要しました。
私の手術にはかなりの危険が伴うと医師から説明されていました(下半身麻痺になる確率が20%、手術時間も12時間以上かかるという事でした)。大動脈からは様々な臓器への動脈が枝分かれしていますが、手術ではそれを1本1本繋いでいかなければなりません。胸部大動脈からは脊髄へとつながっており、手術では12本の血管の中4本ほどを選んでつなぐのです(全部つないでいると時間がかかり過ぎるため。また本当に必要なのはその中の1本だけなので)←※私は素人なので言っている事が多少間違っているかもしれません。要は間引くという事です。その時に選ぶ血管を間違えると下肢に麻痺が起きる(排せつの感覚も無くなる)そうです。腹部大動脈はいわゆる胃とか腸、腎臓、肝臓などの内臓への動脈とつながっています。諸々の危険を考え併せると医師としても、すぐに「ハイ、手術をしましょう」という訳にはいかなかったのでしょう。
私の場合、大動脈は全体的に太くなってきていましたが、特に胸部大動脈が通常の3倍近くになっていました。
いわゆる名医と言われている医者が必ずしも全ての人にとって良い医者とは限らない、と私は思っています。医者と患者も人間なので、相性みたいなものがあるように思えます。私が最初に運ばれた病院は総合病院としては中規模といったところでしょうか。同室の患者さんなどは、私に「大きな手術は絶対ここでしたらダメだよ!」と言っていました。でも入院中は私は心から医師たちを信頼しわが身を委ねておりました。次の大手術もここでいいかな・・・と漫然と考えていました。しかし、ここへ来てさすがに不安というか多少の不信の芽がチラつき始めました。インターネットで大動脈解離について検索すると、必ず最初の方に出てくる川崎の病院があります。そこには大動脈センターが他の科と独立してあるのです。手術の数も年間300を越え、各手術の死亡率などもはっきり示されていました。おとーにその事について話してみると、そこの長である医師をTVで見た事があると言いました。大動脈に関しては相当有名な医師のようでした。ちなみに当時の主治医に私のような患者の手術例や手術数を訪ねると「このあいだ一人元気になって帰っていきましたよ」というような言い方しかしませんでした。
ある日の検診でとうとう私は聞きました「先生、セカンドオピニオンを聞きに行ってもいいですか?川崎の病院なんですけれど」 医師は快諾して紹介状を書いてくれました。
川崎の病院の大動脈センターに電話してみると専門のコーディネーターがいて、全ての連絡調整を取り仕切っていました。私の話を聞くとすぐに2週間後にセカンドオピニオンの予約を入れてくれました。
当日は幸運にも土曜日で、おとーも仕事の休みを取る事なく一緒に行ってもらえました。この病院はJR川崎駅から徒歩圏内にありますが、その他にも関連施設が何箇所かあり、セカンドオピニオンはこの関連施設の1つで南武線で川崎駅から3駅の所にあるクリニックで受けました。
担当の医師は大動脈センターのトップではありませんでした(センター内の医師数名でローテーションを組んでセカンドオピニオンに携わっているのです)。 私は病気の発症からそれまでの経緯をなるべく簡潔に感情を交えず話しました。聞き終わって、その医師は もう手術をしてもいい時期にきており、私の主治医は手術への自信が無いのだろうと言いました。それほど専門の医者でも難しい手術なのです。確かに普通の病院では死亡率が20%くらいだろうとその医師は言いました。この大動脈センターでは、最先端の技術と経験と専門の熟練した医療スタッフを備えているので、私の年齢が若い事もあり死亡率は5%未満になるであろうとの事でした。下半身麻痺の危険性はさらに低く、手術時間にいたっては胸部大動脈だけならば6時間程度だと言うのです。これは主治医の言った半分の時間です!そしてその医師が言うのです。通常、数カ月は手術を待たなければいけないのですが、たまたま1カ月後に1日だけ空きがあると。今決断すれば、そこに入れられます、と。その日、私の後にもセカンドオオピニオンを聞きに来た人は何人かいました。ここで私が保留にすれば誰か他の人が入ってしまう可能性が高いので、私は数秒で決断しました、手術を受ける事を! 医師に言いました「よろしくお願いいたします」

≪続きはまた後日に≫
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
病気のお話・その後 PART2

8年前に大動脈解離を発病。通常直径約2cmの大動脈は退院時に4cm。約2年後、母の最後の入院前が約4.5cm。2カ月後、母が亡くなった後の検査では5.5cm。私のように大動脈解離により血管がが太くなった状態を解離性大動脈瘤といいます。瘤(リュウ)の直径が6cmを越えると大動脈は破裂の危険が増すので、たいてい人工血管に換える手術が必要となります。
5.5cmと言われて私は不安になってきました。当時病院へは8週間ごとに行っていました。レントゲンかCTの撮影をし、大動脈の太さをチェックするのです。医師に手術をする必要があるのか問いかけましたが、ハッキリ「手術をしましょう」とは決して言わないのです。不安を抱えながらも、母が亡くなった後の種々の届け出をしたり、住人の居なくなった実家を定期的に訪れ、風を入れたり片付けもしなければなりませんでした。そのまま無人の状態にしておくにも維持費がかかるため、売りに出す事にしました。最低限取っておく物だけ選別し、私の体調の事もあり費用はかなり掛かりましたが後は専門業者に任せました。全てが片付くのに1年を要しました。
私の手術にはかなりの危険が伴うと医師から説明されていました(下半身麻痺になる確率が20%、手術時間も12時間以上かかるという事でした)。大動脈からは様々な臓器への動脈が枝分かれしていますが、手術ではそれを1本1本繋いでいかなければなりません。胸部大動脈からは脊髄へとつながっており、手術では12本の血管の中4本ほどを選んでつなぐのです(全部つないでいると時間がかかり過ぎるため。また本当に必要なのはその中の1本だけなので)←※私は素人なので言っている事が多少間違っているかもしれません。要は間引くという事です。その時に選ぶ血管を間違えると下肢に麻痺が起きる(排せつの感覚も無くなる)そうです。腹部大動脈はいわゆる胃とか腸、腎臓、肝臓などの内臓への動脈とつながっています。諸々の危険を考え併せると医師としても、すぐに「ハイ、手術をしましょう」という訳にはいかなかったのでしょう。
私の場合、大動脈は全体的に太くなってきていましたが、特に胸部大動脈が通常の3倍近くになっていました。
いわゆる名医と言われている医者が必ずしも全ての人にとって良い医者とは限らない、と私は思っています。医者と患者も人間なので、相性みたいなものがあるように思えます。私が最初に運ばれた病院は総合病院としては中規模といったところでしょうか。同室の患者さんなどは、私に「大きな手術は絶対ここでしたらダメだよ!」と言っていました。でも入院中は私は心から医師たちを信頼しわが身を委ねておりました。次の大手術もここでいいかな・・・と漫然と考えていました。しかし、ここへ来てさすがに不安というか多少の不信の芽がチラつき始めました。インターネットで大動脈解離について検索すると、必ず最初の方に出てくる川崎の病院があります。そこには大動脈センターが他の科と独立してあるのです。手術の数も年間300を越え、各手術の死亡率などもはっきり示されていました。おとーにその事について話してみると、そこの長である医師をTVで見た事があると言いました。大動脈に関しては相当有名な医師のようでした。ちなみに当時の主治医に私のような患者の手術例や手術数を訪ねると「このあいだ一人元気になって帰っていきましたよ」というような言い方しかしませんでした。
ある日の検診でとうとう私は聞きました「先生、セカンドオピニオンを聞きに行ってもいいですか?川崎の病院なんですけれど」 医師は快諾して紹介状を書いてくれました。
川崎の病院の大動脈センターに電話してみると専門のコーディネーターがいて、全ての連絡調整を取り仕切っていました。私の話を聞くとすぐに2週間後にセカンドオピニオンの予約を入れてくれました。
当日は幸運にも土曜日で、おとーも仕事の休みを取る事なく一緒に行ってもらえました。この病院はJR川崎駅から徒歩圏内にありますが、その他にも関連施設が何箇所かあり、セカンドオピニオンはこの関連施設の1つで南武線で川崎駅から3駅の所にあるクリニックで受けました。
担当の医師は大動脈センターのトップではありませんでした(センター内の医師数名でローテーションを組んでセカンドオピニオンに携わっているのです)。 私は病気の発症からそれまでの経緯をなるべく簡潔に感情を交えず話しました。聞き終わって、その医師は もう手術をしてもいい時期にきており、私の主治医は手術への自信が無いのだろうと言いました。それほど専門の医者でも難しい手術なのです。確かに普通の病院では死亡率が20%くらいだろうとその医師は言いました。この大動脈センターでは、最先端の技術と経験と専門の熟練した医療スタッフを備えているので、私の年齢が若い事もあり死亡率は5%未満になるであろうとの事でした。下半身麻痺の危険性はさらに低く、手術時間にいたっては胸部大動脈だけならば6時間程度だと言うのです。これは主治医の言った半分の時間です!そしてその医師が言うのです。通常、数カ月は手術を待たなければいけないのですが、たまたま1カ月後に1日だけ空きがあると。今決断すれば、そこに入れられます、と。その日、私の後にもセカンドオオピニオンを聞きに来た人は何人かいました。ここで私が保留にすれば誰か他の人が入ってしまう可能性が高いので、私は数秒で決断しました、手術を受ける事を! 医師に言いました「よろしくお願いいたします」

≪続きはまた後日に≫
スポンサーサイト

[2011/05/03 15:28] | ふぁーふぁ | トラックバック:(0) |


zuikoromamy ふぁ〜さん。可愛くて、きゅんきゅん☆します! ちーさんから、どおしても欲しかったのね(*^_^*) セカンドオピニオンの大切さを知りました!素晴らしい決断だったのですね。勇気のいることだったと思います。次が気になりますっ(><)

ヒロミ おもしろい格好でねていますねぇ。
休まるんでしょうかねぇ。

食べ物をもらうのはママと決めているのかな?


catponko ふぁーさん、おかさんと一緒にご飯食べたかったのかな?
それとも、ドライカレーのササミ??
ふぁーさんの頭突き~っ!!かわいいんだろうなぁ。私もされたーい=^_^=

ふぁーさん!!どうしてそんな格好でおねんねできるの~???
すごーい技!!
ふぁーさんのベッドも段ボールなんて、ぽんことお揃い♪♪

編集者M ちょーだいちょーだいって、なんって可愛い!!!
頭突きしてほしいですe-349
ふぁーさん、気持ちよさそうにねんねしてますね~♪♪
癒されますe-265
片手が落っこちとる~~☆リラックスしてるのねぇe-405

編集者M ああっ!!!ハートが何で割れとんのじゃー!!
正しくはe-415です!!!!
すみません!!!

ちー >zuikoromamyさん

ちっちゃい声で啼きながら頭スリスリされると弱いです(えへへ)

セカンドオピニオンは本当に大切だと思います。

ちー >ヒロミさん

ふぁーさんは しょっちゅうこの体勢で寝ています。
しばーらくすると普通の寝姿になります(笑)

これはフリーズドライのおやつ用ササミなのですが
これは おとーにも兄ちゃんにもねだります。
でもその時にこの人と決めたら一途です(笑)

ちー >catponkoさん

この顔で訴えかけるように見上げられて頭突きがくると
溺愛バカ親になります~~♪(きっとふぁーさんもそれを知っている)

ふぁーさんはソファのアームレストの上で寝る時は
今回の両手バージョンの事もあります(笑)
今度それも写真に撮ってみようと思います!

我が家は新築した10年前から置き家具を止めて
全て段ボールの引き出しや箱そのものです!
見てくれは悪いけれど実は地震に備えてなのです。
ふぁーさんには願ったり叶ったりかな♪

ちー >編集者Mさん

ふぁーさんは見かけはつり目で怒ったような顔だけれど
超おとなしいにゃんこです♪甘え方も可愛いです♪
いつか動画に撮ってみたいです。

ふぁーさん、最初は普通に両手をしまって寝てましたが
わざと自分でだらーーーんと伸ばします(笑)
そしてまた元に戻るという・・・

ふぁーさんが家族になってから私も癒されて
体調も良くなりました♪

pyoko ふぁーさんとってもかわいいですね~
ちゃんと家族の分担をふぁーさんなりに決めてるんでしょうね。
おかさんは甘えられる人、おとさんは踏み台にする人、お兄ちゃんは遊んでくれる人などなど(笑)
ふぁーさん、その寝方は正しいの~(笑)

セカンドオピニオンって大切なことですね。
自分の身体を任せるんだから、納得いくまで話し合えるお医者様に出会いたいものです。

雪んコロ うわわ~ ふぁーさんのこの寝姿、最高です~(*^^)v
ついついお手手を
ニギニギしたくなっちゃいましたよ~(>_<)

ジーナもお手手ぷらーん、得意です
ほんと、模様といい、格好といい、なにげに共通点ありですね(*^^)v
うふふ


saganhama ('-'*)オハヨ♪御座います。
ササミの入ったドライカレー食べてるから、かーさんにおやつ欲しいとねだったのでは?
何だか可愛い仕草に思えますよ。ねだられる方ウットオシイでしょうけど・・
人も変な格好で寝る人いますよね。ふぁーさん手が疲れないのかな?(笑)

病気のお話は神の手のドクターに近づいてますね。
同じ専門医でもその医療技術には大きな差が有るのが現実ですが、医療分野全般で
その様な差が少なくなる努力をもっとして欲しいなと思いますよ。
いくら治療技術の高いドクターと言っても、その方ばかりに負担が掛かるのはそうなんでしょうね?
テレビなんかで見ると後進の指導は結構やって居られるようですが。

みゅうみゅう ふぁ、ふぁーさん(笑)面白い寝方してるね~^m^
それでちゃんと寝れてるの?(笑)
ふぁーさんの事を知れば知るほど、虜になっていく~~(^^♪



ちー >pyokoさん

昨日はふぁーさん、キャットタワーからおとさんにダイブしてました(笑)
いつにも増して大きな声で叫んでました「イデーーーー!!!」(笑)(笑)

なんかね兄ちゃんの姿が現れただけで興奮しちゃうの(ふぁーふぁ

これは正しい寝かたです!(キッパリ!笑)

セカンドオピニオン、私が行った所は
かなりじっくり話を聞いてくれます(どの人も20分以上は話してました)
私は多分その日一番長くて1時間近く話し合ったと思います。
あらかじめ質問することを箇条書きにしておく事も必要ですよね。
頭の中だけで考えて行くと絶対舞い上がって忘れてしまいます(私は)


ちー >雪んコロさん

ジーナちゃんもこのカッコお得意なんですか?
面白いですよねぇ。。。
こういう恰好で寝るコはふぁーふぁが初めてです。

ジーナちゃんも性格が穏やかでしょう?
そこも似ていると思います♪

ただし、大きさが違う!(笑)ふぁーさん3.5~6kgです・・・
コロンコロンしてます・・・ジーナちゃんはもっと全然優雅よね♪

ちー >saganhamaさん

とにかくササミが好きなふぁーさんです!
カレーの中のササミが分かったかは疑問ですが・・・笑
スリスリされるとつい甘やかしてしまいます。。。

おとーも相当変な恰好で寝ますよ(笑)

私の手術の時の主治医の欄にはその有名な医師の名がありましたが
実際に執刀したのは別の医師です(医師たちと言うべきかな?)
手術の時は何人かで役割分担してスピードアップしています

この3年間の検診では毎回新しい医師でした
自分の技術を教えてどんどん外へ出しているようです

ちー >みゅうみゅうさん

たしかに疲れそうに思える・・・
何故わざわざ手を下げる?って感じですよね(笑)
ふぁーさんは本当に面白いカッコをよくします!
この寝姿もその1つですが
またいろいろ写真に撮っていきたいでーす♪

のりピコ ふぁーさんほしいほしい攻撃可愛い!!
ウチの犬もよくやっていました!!!
ワンコの場合は少しはげしめですがw
そんなことやってくれちゃったら私はほいほいあげちゃうよ~~~
ふぁーさんの寝方…ぷぷ…その手があんばいいいのですね!!

ちーさんがセカンドオピニオンに訪ねること、これはもう神のお導きだったのに違いないってほどにスムーズにことが運びましたね!!
手術の日取りも早くって本当によかったです!!!
やはり専門医にみてもらうのが一番ですね!!

ふぁーさんの寝姿・・・可愛い(^◇^)
これぞまさしく、片手落ちー!ってプププ♪
見れば見るほどふぁーさんが愛おしくなってきます!

セカンドオピニオンの大切さがわかりました。
少しの勇気で展開が180度変わることもあるんですね。この後の展開は・・・気になる~。
季節の変わり目です、ちーさんも体調には気をつけて下さいね。

-

ちー >のりピコさん

私もこのおねだり攻撃されるとデレーとなっちゃって
ついついあげたくなっちゃうのですが
あんまり太り過ぎると病気になり易かったりするので
グッと我慢の子になる事もあります(つらい・・・)
この寝かたは面白いですよね♪笑

セカンドオピニオンはいやがる医師も中にはいるようですが
やはり絶対に必要だと思います。
手術日が一日だけ空いていると聞いて、その場で手術を決めて
少し鳥肌が立ちました(あまりにとんとん拍子に決まったので)
でも本当によかったです。。。

ちー >優さん

片手落ち・・・なるほど・・・ふふふ。
ふぁーさんに言っておきます
片手落ちだって・・・笑

手術は・・・なんかすごかったです。。。

お気遣いありがとうございます♪

とむとジロウ ちーさん、体調大丈夫ですかv-535(つぶやきにて拝見)
前記、お母様のお話に涙してしまいました。
その後、何かきらきらした光v-353がちーさんを明るい場所へ
導いていくようで
あ-- ちーさんの側にはきっと、お母様がいらっしゃるんだなあ と。。。
勇気ある決断は、素晴らしいと思います。
  ♡お話、続けてください♡

にしても・・・・ふぁーさん、そのかっこで寝てるのお? まじ?
だした右腕、遠山の金さんかぁあああ(笑)  キャ---。



ちー >とむとジロウさん

お気遣いありがとうございます。
とむとジロウさんこそ大丈夫でしょうか?
なんだか体調がすぐれなかったご様子でしたが。。。
私の場合は体調の波が激しく、一日のうちでも波があります。。。
昨日は頭痛とめまいがしたので早めに休みました。
でも今日はかなりよくなっていますよん♪

母のことはやはり葛藤の連続でした。
色々な情報が少なくて(当時私はパソコンをやっていなかったので)
自分がどうしたらいいのかが分からなかったのです。
病院の看護師さんにも実家のご近所さんにも
ずいぶん責められたりしました(私自身、未だに後悔がいっぱい)
でも私の手術が成功して母も喜んでくれているかな・・・。

ふぁーさんはいつも私に笑をくれます♪
見ているだけでも なぜか笑っちゃいます♪
この恰好も可笑しいですよね!
私も思いましたよ・・・チョンマゲ乗せたらイイかもって・・笑

うちにゃん セカンドオピニオンで手術が出来ることになったのは、お母様のお導きだったかもしれませんよ。
この時の、即決が無かったら、逆にどうなってたのかと思うと、怖いです。。。

ふぁーさんのお顔、角度のせいでしょうね、ちょっと悩んでるみたいに見えて「反省~!(お猿の次郎クン)」を彷彿させる姿に見えなくもない(≧w≦。
あ、でも、『私信まるです(http://sisinmaru.blog17.fc2.com/)』のまるさんも、ふぁーさんと同じ格好で寝てるってブログ記事あった気がします!!!
案外、猫の世界ではありの寝姿なのかもしれませんね(笑。

mimi あはは~
ふぁーさん、可愛いなぁ。
ちゃんと「自分の為に動いてくれる人」を
知ってるんですね!

おぉ・・・・
手に汗にぎる展開ではないですか!
今思うと
運がよかったのですね。
それと、その「運」を
ちーさん自身で掴んだんですね!
セカンドオピニオンって言い出しにくいです。
「地方の名医」や「病院の院長」が判断したものを
他の医師は覆せません。
「あの先生が言ったなら、それでいいんじゃないですか」って。
(私は以前、危うく左右逆の卵巣を
手術で摘出されてしまうところでした)
ちーさんのハラハラはまだ続くんですね。
でも、今がお元気で本当によかったです。。。

ちー な、な、なんという大失態!!!v-12
うちにゃんさん、mimiさん、本当にごめんなさいです!!
今、コメ返がない事に気付きました(大汗)
(まるちゃんの事とかコメした記憶はあるのですが、送信出来てなかったぁ?!?!)
改めて・・・


>うちにゃんさん

母は、それはそれは私の事を心配しておりましたので、きっと向こうで走り回っていたと思います(母がいなかったら私は生きていなかったと今でも思っています)
手術の決断の時は、一瞬どうしよう?で、おとーの方を見て次の瞬間「お願いします」でした。

ふぁーさんはよく反省しているように見えます(見えるだけですが 笑)
まるちゃん、私も大好きでお気に入りに登録してます!(今度遡ってみますね、片手ビヨ~~~ン)




>mimiさん

ふぁーさんは確かに自分の中で家族の役割を決めてます(キッパリ!笑)
何事にも「運」て絶対にありますよね!
医学の世界は素人には分からない事柄も多くて、実に不透明な部分もまだありますね。
mimiさん手術で逆の臓器を摘出の危機があったのですか???(ひえぇ!!)今、ご無事で何よりです!
本当にお互いに大変な目に遭ってきたのですね。。

コメント:を閉じる▲


<<たいくつ | ホーム | しおちゃんにあこがれて>>
コメント:
ふぁ〜さん。可愛くて、きゅんきゅん☆します! ちーさんから、どおしても欲しかったのね(*^_^*) セカンドオピニオンの大切さを知りました!素晴らしい決断だったのですね。勇気のいることだったと思います。次が気になりますっ(><)
[2011/05/03 15:51] URL | zuikoromamy #-[ 編集] | page top↑
おもしろい格好でねていますねぇ。
休まるんでしょうかねぇ。

食べ物をもらうのはママと決めているのかな?
[2011/05/03 19:56] URL | ヒロミ #-[ 編集] | page top↑
ふぁーさん、おかさんと一緒にご飯食べたかったのかな?
それとも、ドライカレーのササミ??
ふぁーさんの頭突き~っ!!かわいいんだろうなぁ。私もされたーい=^_^=

ふぁーさん!!どうしてそんな格好でおねんねできるの~???
すごーい技!!
ふぁーさんのベッドも段ボールなんて、ぽんことお揃い♪♪
[2011/05/03 20:34] URL | catponko #-[ 編集] | page top↑
ちょーだいちょーだいって、なんって可愛い!!!
頭突きしてほしいですe-349
ふぁーさん、気持ちよさそうにねんねしてますね~♪♪
癒されますe-265
片手が落っこちとる~~☆リラックスしてるのねぇe-405
[2011/05/03 21:32] URL | 編集者M #-[ 編集] | page top↑
ああっ!!!ハートが何で割れとんのじゃー!!
正しくはe-415です!!!!
すみません!!!
[2011/05/03 21:35] URL | 編集者M #-[ 編集] | page top↑
>zuikoromamyさん

ちっちゃい声で啼きながら頭スリスリされると弱いです(えへへ)

セカンドオピニオンは本当に大切だと思います。
[2011/05/03 22:39] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
>ヒロミさん

ふぁーさんは しょっちゅうこの体勢で寝ています。
しばーらくすると普通の寝姿になります(笑)

これはフリーズドライのおやつ用ササミなのですが
これは おとーにも兄ちゃんにもねだります。
でもその時にこの人と決めたら一途です(笑)
[2011/05/03 22:44] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
>catponkoさん

この顔で訴えかけるように見上げられて頭突きがくると
溺愛バカ親になります~~♪(きっとふぁーさんもそれを知っている)

ふぁーさんはソファのアームレストの上で寝る時は
今回の両手バージョンの事もあります(笑)
今度それも写真に撮ってみようと思います!

我が家は新築した10年前から置き家具を止めて
全て段ボールの引き出しや箱そのものです!
見てくれは悪いけれど実は地震に備えてなのです。
ふぁーさんには願ったり叶ったりかな♪
[2011/05/03 22:56] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
>編集者Mさん

ふぁーさんは見かけはつり目で怒ったような顔だけれど
超おとなしいにゃんこです♪甘え方も可愛いです♪
いつか動画に撮ってみたいです。

ふぁーさん、最初は普通に両手をしまって寝てましたが
わざと自分でだらーーーんと伸ばします(笑)
そしてまた元に戻るという・・・

ふぁーさんが家族になってから私も癒されて
体調も良くなりました♪
[2011/05/03 23:03] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
ふぁーさんとってもかわいいですね~
ちゃんと家族の分担をふぁーさんなりに決めてるんでしょうね。
おかさんは甘えられる人、おとさんは踏み台にする人、お兄ちゃんは遊んでくれる人などなど(笑)
ふぁーさん、その寝方は正しいの~(笑)

セカンドオピニオンって大切なことですね。
自分の身体を任せるんだから、納得いくまで話し合えるお医者様に出会いたいものです。
[2011/05/03 23:08] URL | pyoko #-[ 編集] | page top↑
うわわ~ ふぁーさんのこの寝姿、最高です~(*^^)v
ついついお手手を
ニギニギしたくなっちゃいましたよ~(>_<)

ジーナもお手手ぷらーん、得意です
ほんと、模様といい、格好といい、なにげに共通点ありですね(*^^)v
うふふ
[2011/05/03 23:38] URL | 雪んコロ #uQP/FkbA[ 編集] | page top↑
('-'*)オハヨ♪御座います。
ササミの入ったドライカレー食べてるから、かーさんにおやつ欲しいとねだったのでは?
何だか可愛い仕草に思えますよ。ねだられる方ウットオシイでしょうけど・・
人も変な格好で寝る人いますよね。ふぁーさん手が疲れないのかな?(笑)

病気のお話は神の手のドクターに近づいてますね。
同じ専門医でもその医療技術には大きな差が有るのが現実ですが、医療分野全般で
その様な差が少なくなる努力をもっとして欲しいなと思いますよ。
いくら治療技術の高いドクターと言っても、その方ばかりに負担が掛かるのはそうなんでしょうね?
テレビなんかで見ると後進の指導は結構やって居られるようですが。
[2011/05/04 08:38] URL | saganhama #-[ 編集] | page top↑
ふぁ、ふぁーさん(笑)面白い寝方してるね~^m^
それでちゃんと寝れてるの?(笑)
ふぁーさんの事を知れば知るほど、虜になっていく~~(^^♪

[2011/05/04 10:23] URL | みゅうみゅう #-[ 編集] | page top↑
>pyokoさん

昨日はふぁーさん、キャットタワーからおとさんにダイブしてました(笑)
いつにも増して大きな声で叫んでました「イデーーーー!!!」(笑)(笑)

なんかね兄ちゃんの姿が現れただけで興奮しちゃうの(ふぁーふぁ

これは正しい寝かたです!(キッパリ!笑)

セカンドオピニオン、私が行った所は
かなりじっくり話を聞いてくれます(どの人も20分以上は話してました)
私は多分その日一番長くて1時間近く話し合ったと思います。
あらかじめ質問することを箇条書きにしておく事も必要ですよね。
頭の中だけで考えて行くと絶対舞い上がって忘れてしまいます(私は)
[2011/05/04 11:36] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
>雪んコロさん

ジーナちゃんもこのカッコお得意なんですか?
面白いですよねぇ。。。
こういう恰好で寝るコはふぁーふぁが初めてです。

ジーナちゃんも性格が穏やかでしょう?
そこも似ていると思います♪

ただし、大きさが違う!(笑)ふぁーさん3.5~6kgです・・・
コロンコロンしてます・・・ジーナちゃんはもっと全然優雅よね♪
[2011/05/04 11:43] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
>saganhamaさん

とにかくササミが好きなふぁーさんです!
カレーの中のササミが分かったかは疑問ですが・・・笑
スリスリされるとつい甘やかしてしまいます。。。

おとーも相当変な恰好で寝ますよ(笑)

私の手術の時の主治医の欄にはその有名な医師の名がありましたが
実際に執刀したのは別の医師です(医師たちと言うべきかな?)
手術の時は何人かで役割分担してスピードアップしています

この3年間の検診では毎回新しい医師でした
自分の技術を教えてどんどん外へ出しているようです
[2011/05/04 11:57] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
>みゅうみゅうさん

たしかに疲れそうに思える・・・
何故わざわざ手を下げる?って感じですよね(笑)
ふぁーさんは本当に面白いカッコをよくします!
この寝姿もその1つですが
またいろいろ写真に撮っていきたいでーす♪
[2011/05/04 12:08] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
ふぁーさんほしいほしい攻撃可愛い!!
ウチの犬もよくやっていました!!!
ワンコの場合は少しはげしめですがw
そんなことやってくれちゃったら私はほいほいあげちゃうよ~~~
ふぁーさんの寝方…ぷぷ…その手があんばいいいのですね!!

ちーさんがセカンドオピニオンに訪ねること、これはもう神のお導きだったのに違いないってほどにスムーズにことが運びましたね!!
手術の日取りも早くって本当によかったです!!!
やはり専門医にみてもらうのが一番ですね!!
[2011/05/04 18:55] URL | のりピコ #-[ 編集] | page top↑
ふぁーさんの寝姿・・・可愛い(^◇^)
これぞまさしく、片手落ちー!ってプププ♪
見れば見るほどふぁーさんが愛おしくなってきます!

セカンドオピニオンの大切さがわかりました。
少しの勇気で展開が180度変わることもあるんですね。この後の展開は・・・気になる~。
季節の変わり目です、ちーさんも体調には気をつけて下さいね。
[2011/05/04 20:18] URL | 優 #TMyYCp3Q[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/04 23:57] | #[ 編集] | page top↑
>のりピコさん

私もこのおねだり攻撃されるとデレーとなっちゃって
ついついあげたくなっちゃうのですが
あんまり太り過ぎると病気になり易かったりするので
グッと我慢の子になる事もあります(つらい・・・)
この寝かたは面白いですよね♪笑

セカンドオピニオンはいやがる医師も中にはいるようですが
やはり絶対に必要だと思います。
手術日が一日だけ空いていると聞いて、その場で手術を決めて
少し鳥肌が立ちました(あまりにとんとん拍子に決まったので)
でも本当によかったです。。。
[2011/05/05 12:44] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
>優さん

片手落ち・・・なるほど・・・ふふふ。
ふぁーさんに言っておきます
片手落ちだって・・・笑

手術は・・・なんかすごかったです。。。

お気遣いありがとうございます♪
[2011/05/05 12:47] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
ちーさん、体調大丈夫ですかv-535(つぶやきにて拝見)
前記、お母様のお話に涙してしまいました。
その後、何かきらきらした光v-353がちーさんを明るい場所へ
導いていくようで
あ-- ちーさんの側にはきっと、お母様がいらっしゃるんだなあ と。。。
勇気ある決断は、素晴らしいと思います。
  ♡お話、続けてください♡

にしても・・・・ふぁーさん、そのかっこで寝てるのお? まじ?
だした右腕、遠山の金さんかぁあああ(笑)  キャ---。

[2011/05/05 14:10] URL | とむとジロウ #aRRLy8dI[ 編集] | page top↑
>とむとジロウさん

お気遣いありがとうございます。
とむとジロウさんこそ大丈夫でしょうか?
なんだか体調がすぐれなかったご様子でしたが。。。
私の場合は体調の波が激しく、一日のうちでも波があります。。。
昨日は頭痛とめまいがしたので早めに休みました。
でも今日はかなりよくなっていますよん♪

母のことはやはり葛藤の連続でした。
色々な情報が少なくて(当時私はパソコンをやっていなかったので)
自分がどうしたらいいのかが分からなかったのです。
病院の看護師さんにも実家のご近所さんにも
ずいぶん責められたりしました(私自身、未だに後悔がいっぱい)
でも私の手術が成功して母も喜んでくれているかな・・・。

ふぁーさんはいつも私に笑をくれます♪
見ているだけでも なぜか笑っちゃいます♪
この恰好も可笑しいですよね!
私も思いましたよ・・・チョンマゲ乗せたらイイかもって・・笑
[2011/05/05 17:23] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
セカンドオピニオンで手術が出来ることになったのは、お母様のお導きだったかもしれませんよ。
この時の、即決が無かったら、逆にどうなってたのかと思うと、怖いです。。。

ふぁーさんのお顔、角度のせいでしょうね、ちょっと悩んでるみたいに見えて「反省~!(お猿の次郎クン)」を彷彿させる姿に見えなくもない(≧w≦。
あ、でも、『私信まるです(http://sisinmaru.blog17.fc2.com/)』のまるさんも、ふぁーさんと同じ格好で寝てるってブログ記事あった気がします!!!
案外、猫の世界ではありの寝姿なのかもしれませんね(笑。
[2011/05/05 21:28] URL | うちにゃん #-[ 編集] | page top↑
あはは~
ふぁーさん、可愛いなぁ。
ちゃんと「自分の為に動いてくれる人」を
知ってるんですね!

おぉ・・・・
手に汗にぎる展開ではないですか!
今思うと
運がよかったのですね。
それと、その「運」を
ちーさん自身で掴んだんですね!
セカンドオピニオンって言い出しにくいです。
「地方の名医」や「病院の院長」が判断したものを
他の医師は覆せません。
「あの先生が言ったなら、それでいいんじゃないですか」って。
(私は以前、危うく左右逆の卵巣を
手術で摘出されてしまうところでした)
ちーさんのハラハラはまだ続くんですね。
でも、今がお元気で本当によかったです。。。
[2011/05/06 00:33] URL | mimi #JalddpaA[ 編集] | page top↑
な、な、なんという大失態!!!v-12
うちにゃんさん、mimiさん、本当にごめんなさいです!!
今、コメ返がない事に気付きました(大汗)
(まるちゃんの事とかコメした記憶はあるのですが、送信出来てなかったぁ?!?!)
改めて・・・


>うちにゃんさん

母は、それはそれは私の事を心配しておりましたので、きっと向こうで走り回っていたと思います(母がいなかったら私は生きていなかったと今でも思っています)
手術の決断の時は、一瞬どうしよう?で、おとーの方を見て次の瞬間「お願いします」でした。

ふぁーさんはよく反省しているように見えます(見えるだけですが 笑)
まるちゃん、私も大好きでお気に入りに登録してます!(今度遡ってみますね、片手ビヨ~~~ン)




>mimiさん

ふぁーさんは確かに自分の中で家族の役割を決めてます(キッパリ!笑)
何事にも「運」て絶対にありますよね!
医学の世界は素人には分からない事柄も多くて、実に不透明な部分もまだありますね。
mimiさん手術で逆の臓器を摘出の危機があったのですか???(ひえぇ!!)今、ご無事で何よりです!
本当にお互いに大変な目に遭ってきたのですね。。
[2011/05/19 15:20] URL | ちー #uVj0Rrio[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://fafacat.blog.fc2.com/tb.php/12-b4402ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。